我が家のエクステリア計画

heimennzu.jpg

 庭に積もった雪が解けて、今年こそは家周りを何とかしよう!でも何をどうしたらよいのかわからない。そんな方は多いのではないでしょうか。どんなところを注意して計画すればよいのでしょうか。

 まずは、機能的な部分を中心に考えを広げたほうが失敗が少ないようです。たとえば、雨が降ると水溜りができてじめじめしている、宅地側から土が流れ出てしまう、くつろぎたいけれど人の視線が気になる等などを優先的に考え、第一目標を設定します。プラン - 画像 # 9.jpg

計画の中で特に広い主庭などの計画は一番難しいところです。花木を楽しみたい、オープンカフェのようなイメージでくつろぎたい、天気の良い日は洗濯を干したい、ドッグランを造りたいなど、はっきりとした目的を考えると計画し易いです。また、《くつろぎ》に関しては、やはり人の視線が気になってしまうとくつろぎが半減してしまうので、目隠しフェンスなどでプライベート空間を造るようにしたほうが良いでしょう。目的に合わせた配置、デザインを決めて行けば失敗が少ないようです。

 パース画像 (1).jpgまた、住宅の顔である道路から見える部分や、玄関周りなどは特に住宅に合わせたデザインや色合いが良いと思います。新築であれば好きなイメージの住宅と外構は一致するのですが、既存住宅と新設外構の好きなイメージが違う場合が良くあります。また、住宅はお父さんの好み、外構はお母さんの好みだったりするとバラバラになりがちです。

 近年のエクステリアデザインは和風モダン、シンプルモダンなど和洋折衷的な多種多様なデザインが多く取り入れられ、木目調のアルミ製品も多く存在し、フリーメンテナンスでお好きなイメージがデザインがきるようです。

 こだわりの住宅にこだわりの外構工事。お庭工房はお客様と一緒に計画を設計しオンリーワンの外構工事店を目指しております。

パース画像 (2).jpg

 一昨年より、設計図書が簡単にイメージできるようパソコンで描いたパース図を使い、今までの図面ではわかりにくい全体のイメージを絵にしてお客様に提案しております。お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください!お電話・メールどちらでもOK(フリーダイヤル 0120-03-1237 / MAIL oniwa@oumi-kensetsu.com)